暖簾の持つ心理効果

何故暖簾があるのかを真剣に考えてみると、一見必要なさそうに見えて来ませんか?販促を狙っているのなら「のぼり」と言う和の風合いのある販促アイテムが販売されていますし、仕切りならドアがある。

しかしそれでもオーダーされ続けているのには理由(ワケ)があります。

ココでは、のれんが人々にどのような心理効果を与えているのかを説明しております。

人目を誘導するのれんの「ヒラリズム」

のぼりも強力な激安の販促アイテムですが、また異なる技で人々に訴えかけるのが暖簾です。

人々の目はヒラヒラ揺れるものについつい目が行くようになっていると言われています。まさに幟への広告の印刷が販促に適している理由でもありますが、布で制作された格安なのれんも風が吹く度に見事に揺れてくれる為同じような効果を発揮します。

そしてもう一段階人の目を誘導するのが「チラリズム」の効果なのです。お店の中を見せないように、隠す為に設置される暖簾ですが、完全に隠しきらない為に店内の様子が一部分だけ目に入って来ます。

ちょっとだけ見せられると、人間と言う物は「全部見たい」「どうなっているの?」と興味を誘われてしまうのです。

これら「ヒラヒラ」と「チラリズム」の2つの要素が掛け合わさった結果「ヒラリズム効果」が発揮されて集客してくれるのです。

勿論オリジナルでプリントした広告内容なども、人々が注目してくれる分販促効果も高まってくれること間違いなし。

トラブル防止の簡易アイテム

呑み屋等にも多い暖簾の持つ「ヒラリズム」以外の効果は、快適な店内外への出入りの補助となります。

ドアを作成してしまいますと度々開閉しなければならず煩わしいですし、完全に空間を遮断してしまいがちですが、のれんの場合には空間を意識的に仕切っている為に心理的な壁は存在していますが、物理的には一繋ぎである為に入退店が楽なのです。

そして、出入りの際には暖簾がある為に歩くスピードが落ちて、入店者と退店者が勢いよくぶつかる事も防止できるのです。何もなければお構いなしに入られてくる方もいるかもしれませんが、のれん一枚を通販で簡単に製作するだけでトラブルをグッっと減らす事が可能になります。

暖簾に関するお問い合わせお待ちしております。

特注のれんお見積り依頼
特注のれんお問い合わせ

お気軽にお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。