暖簾の歴史

正確に、のれんの誕生を記す記述がある訳ではないですが、一説によると、その起源は縄文時代まで製作の歴史は遡ると言われております。

ただ、その頃の使い方と言えば、店舗や風呂、販促や販売宣伝などの目的がある訳ではなく、単に寒さを凌ぐ為の意味合いで、作成された布きれだったようです。その為、それを暖簾の起源としていいのか難しい所ですが、太古から、似たような発想をしていたようです。

暖簾の移り変わり

共チチとは、暖簾製作における仕立方法の一つで、大きく分けて関東風と呼ばれる「共チチ」タイプと関西風と呼ばれる「棒袋」タイプの2通りに分かれます。それは、店舗や風呂、湯のれんなどを掛ける際に、棒を通す輪がどういう形状かと言う違いになります。

起源である縄文時代から、ゆっくりと時間は流れ、のれんは徐々に寒さや雨風を防ぐ道具から、現在の様な使われ方を目的として制作され始めた様で、それは大体、室町時代の事だと言われています。

残っている文献によりますと、平安時代末期の頃はまだ個人宅の軒先に設置する為に作成され、日除けのれんや雨除け、風除けや埃除けと言った具合に使われていた様です。

それが鎌倉時代に入りますと、のれん生地に家紋をプリントするなどの、デザインが現れ始めたそうです。

そして室町時代に入りますと、ようやく商家が、店舗暖簾として製作し、それを使い始めたとされています。

のれんなどに、文字の名入れ作成が行われるようになったのは、江戸時代の初期と言われ、寺子屋制度が発達する事で、一般市民でも文字を読める人間が増えた事が、そうした印刷が始まった大きな要因の様です。

制作した店舗のれんに、屋号をプリントとして利用し、現在の三越百貨店としても有名な越後屋は、高い販促効果を生み出す事で、商売を発展させたと言われています。

暖簾の現在

店舗、風呂のれんなど多くの物が、江戸時代には一様の完成を見せ、お店の屋号やロゴをプリントし、文字を名入れ印刷するなどして製作され、看板の役割も担う様になっていました。

また、営業中は作成したオリジナルのれんを店頭に掛け、営業が終了したら、それを片付けるという習慣も見られるようになり、生地素材やプリント名入れ印刷の技術以外は、ほぼ現在の使われ方をしていたと言えます。

飲食業の世界では、弟子が師匠の味を継承し独立する際に、同じ屋号での出店を認めると言う意味で、のれん分けと言う言葉がある様に、昔から商売の象徴になっていたと言えます。

一時代と比べ、本来の暖簾と呼べる物の姿は減少している様に感じますが、現代でも確実に人気の販促アイテムとして、店舗の軒先で存在感を示しております。

こうしたオリジナルのれんの激安販売、格安オーダーは、当店をご利用ください。通販だからこそ出来る販売価格で制作し、提供させて頂きます。

暖簾に関するお問い合わせお待ちしております。

特注のれんお見積り依頼
特注のれんお問い合わせ

お気軽にお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。