のれんの制作用語集

この度は、のれん染卸工場をご覧頂き、ありがとうございます。

弊社工場が長年培ってきた暖簾製作においての特注品のオーダー作成や染色、プリント印刷技術を最大限活かし、卸という形で高品質、低価格、短納期で通販だからこそ出来る格安な価格で販売させて頂きます。

反応染料

のれんをプリント染色する際用いる印刷方法です。繊維中の反応性基、たとえば、セルロース系では水酸基、ポリアミド系ではアミノ基、アミド基、チオール基、カルボキシル基などと反応して、共有結合により繊維に定着できる染料となっています。

反応染め

液体染料を反応剤と共に綿暖簾の生地に染込ませることにより、セルロースという成分が化学反応を起こし変色させ、染色します。その後、蒸しや洗いを繰返し、仕上げます。

表面だけでなく裏面まで均一の濃さで、生地本来の風合いそのままで染色され、制作された暖簾は、柔らかく高級感のある仕上がりとなります。

また、のれんの素材自体変色している為、堅牢度が非常に高く、洗濯にも極めて強くなっています。現代では最も優れている「染め」として位置づけられていますが、紫外線などにはそれほど強くなく、変退色は起こる可能性はあります。

また反応染めでの暖簾製作は、工数が多くなる為、価格はある程度高額なってしまいます。

顔料プリント

顔料は水やアルコールには溶けない為、接着剤を混ぜて、のれん生地の繊維に張付け着色します。その為、透過率が低く、裏から見た場合は色がほぼ抜けません。また、接着剤を使用している為、幾分固めの仕上がりとなります。更に顔料プリントは、紫外線などによる変退色には強いですが、摩擦には極めて弱く、暖簾を洗濯する際は、漬け洗いや揉み洗い程度をお薦め致します。

作業工程数では、反応染めと比べたら比較的工数が少なる為、低コストで暖簾の格安な作成販売が行えます。

綿番手

のれん制作に用いられる綿糸の太さを表す単位になります。英国式番手(イングリシュカウント)とも言われ、数字が大きくなるほど糸は細くなり、その重さや長さはヤードポンド法で表され、1ポンド(453.6g)で840ヤード(768m)の場合を1番手、1680ヤードで2番手と言われます。

10 番手から太番手、20番手から普通の太さ、40から60番手になりますと、細番手と呼ばれています。オリジナルオーダーのれんに用いられる天竺木綿などは、20番手をする事が多くなっています。

防炎加工

作成された特注のれんをプリント印刷し、製品として完成させた後に施される加工が、防炎加工になります。

防炎加工を施した暖簾は、完全に燃えなくなる訳ではなく、厳密には燃え難くなるという言い方が適しています。

最近は商業施設をはじめとして、特定地域、イベント会場など消防法の関係で、防炎加工処理をされ、防炎シールを粘付されている暖簾でないと、設置できない場合が非常に多くなっております。

三色旗

トリコロールとも言われ、三色に染め分けた旗の事です。三色旗は万国旗の中にも数多くありますが、一般に自由、平等、博愛を意味した、フランス革命の理想を表すフランス共和国の国旗を示しています。

白地

日本国の国旗である、日の丸の白地部分の事になります。一般的には生成り色の事で、まったく染色されていない部分の事を言います。

地詰

白地とは逆の意味に使われます。

タッサーブロード

たて糸に40 番手級の細糸を密にして使い、よこ糸を20番手級の太糸を双糸にして粗く織り上げた横うねが特徴の織物です。半纏・のれん・大漁旗など広く利用されています。

帆布

キャンバス地で、暖簾制作にも使われる、経 、緯糸に太番手の撚り糸を使用して密に織った厚地の平織物です。テント、帆、布の靴などに使用、印染では神社や寺院用の幟にも使われています。

日除暖簾

軒先に張って日除けを行う、のれんになります。元々は、禅家で冬季の隙間風を防ぐ為に使用された垂れ幕になります。江戸期以降、商家では屋号などを染め抜いて商業用として使われ始めました。

日除け暖簾の布地は、木綿が最も多く、日除け幕とも言われます。

のれん棒

のれんをかける際に必要な棒になります。共チチや棒袋問わず、これを通す事によって、掛ける事が可能になります。

暖簾に関するお問い合わせお待ちしております。

特注のれんお見積り依頼
特注のれんお問い合わせ

お気軽にお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。