日除けのれんの取り付け例

日除け暖簾は、上下に棒を通し固定する為、設置方法に戸惑いを覚えるお客様も多いかと思います。

しかし、日よけのれんと言う物は、上手く使えば非常に効果的な販促効果を生み出し、効率的にお客様へ訴求する事が出来る強い味方となりますので、是非、格安特注品をオーダー製作し、ご活用して頂きたいと思っております。

日除け暖簾の上部固定方法

日除け暖簾は、上下の固定が必要になる為、ピンと張りのある姿で設置する為にも、どちらもしっかりと固定する必要がございます。

柱に金具などの器具を設置し、暖簾棒を固定する。

店先の柱や壁などに、ホームセンターや家具家財が販売されている激安量販店などで、鉄製や木製の物干し竿を固定する器具や、棒を固定する事が出来る金具などを購入し、設置する事で、簡単に固定する事が出来ます。

またこの際、紐やロープなどで、のれん棒と金具とを結び付けて置く事で、強風にあおられても安全になります。

日よけのれんの下部固定方法

日除け暖簾は、上下の固定が必要になる為、ピンと張りのある姿で設置する為にも、どちらもしっかりと固定する必要がございます。

コンクリートブロックを使い、のれんを固定する。

コンクリートブロックを地面に設置し、その重さを利用して、暖簾を固定するやり方です。

もちろんその際、棒を下部に通しておき、左右それぞれの端にロープなどをしっかりと縛り付け、コンクリートブロックの重さをフルに利用する為、下に挟めるのではなく、空いている空洞にロープを通して固定する事をオススメします。

また、コンクリートブロックを使った別の固定方法としましては、暖簾棒をそのまま空いている空洞に突き刺し、固定する方法もしっかりと設置する事が可能なため、オススメできます。

ダンベルや漬物石などの重りを、暖簾棒に吊り下げて固定する。

比較的身近にある物でも暖簾を固定出来る例として、ダンベルや漬物石を使って設置する方法と言うのもオススメできます。

もちろんその際、棒を下部に通しておき、左右それぞれの端にロープなどをしっかりと縛り付け、コンクリートブロックの重さをフルに利用する為、下に挟めるのではなく、空いている空洞にロープを通して固定する事をオススメします。

また、コンクリートブロックを使った別の固定方法としましては、暖簾棒をそのまま空いている空洞に突き刺し、固定する方法もしっかりと設置する事が可能なため、オススメできます。

実際、固定を行う際は、暖簾棒の左右それぞれの端にロープを結び付け、漬物石であれば、持ち手が付いておりますし、ダンベルであれば、手で持つ部分が広く有効に使えますので、それぞれにロープを結び付け、重さを利用する事になります。

暖簾の長さによっては、地面に付く事もございますから、その辺はロープの長さを調節して頂ければ、変化を付ける事が可能です。

ここでご紹介した方法以外にも、上部には頑強さを持った固定を、下部には重さを持った固定をする事で、日除け暖簾と言う物は、しっかりとした設置が可能になります。

少し時を遡り、街中の風通しが良かった江戸時代の頃は、この形状の物を太鼓のれんと呼んでいたそうです。

それは、ピンと張って設置している事で、風を受けると太鼓を打ち鳴らした様なパンと言う音が響いたと言う事から、日除け暖簾はそう呼ばれていました。

そうした伝統的な設置方法を現在でも踏襲し、ピンと張った姿で日除け暖簾を設置して頂きたく思い、こうした固定方法をご紹介させて頂きました。

日よけのれんに限らず、特注オーダー品の格安作成に関しまして、当店では、オリジナルプリントや名入れ印刷を施し、激安価格で制作販売させて頂きます。

暖簾に関するお問い合わせお待ちしております。

特注のれんお見積り依頼
特注のれんお問い合わせ

お気軽にお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。