のれんの形

実際制作される暖簾には、様々なタイプがあります。それは主に長さによる違いが大きいですが、中には、形がまったく違う物や切り込みなどがない物などもあり、それぞれに用途も変わっています。ここでは長さに焦点を当てて、タイプを区分しお送り致します。

半、水引のれんと言われる物は、平均的なサイズよりも、丈が短く作られているタイプになります。

長、日よけのれんと呼ばれる物は、逆に平均的なサイズよりも、丈が長く作られているタイプになっております。

半/水引のれん

半分タイプや水引タイプの、のれん双方に共通する特徴はその丈の短さになります。半のれんで大体56.7cmとなり、水引に至っては40cmほどと非常にコンパクトなサイズにまとまった物です。どちらも販促宣伝や店内の演出などに利用され、非常にのれんらしい使い方をされている印象を強く受けます。

そんな半分タイプや水引タイプの特徴を取り上げつつ、詳しく解説しております。お読み頂く事で、オリジナル品オーダー製作の参考にして頂ける事だと思います。

半・水引のれん詳細はこちら

長/日除け暖簾

長タイプそして日除け暖簾の双方に共通する特徴は、その丈の長さであり、制限される設置環境になると思います。

地面まで届くような長さを有する長のれんと、設置状況によっては、地面に付けてしまうほどに張る日除けと言う事になっています。

目隠しや、日差しを避ける目的で使われる暖簾ですが、どちらもその長さを活かした使い方を持っている、個性豊かなタイプになります。

こちらでは、長タイプ・日除けタイプの暖簾の特徴を取り上げつつ、詳しく解説させて頂いております。特に看板になる特注のれん作成をお考えの方は、必見の内容だと思いますので、是非、ご覧下さい。

長・日除けのれん詳細はこちら

こちらでご紹介する形をした物以外にも、もちろん普通の暖簾と呼ばれる物がございます。

ただ、こちらに関しましては、現在の所、確実に数を減らしつつあり、今、最も主流だと言えるのは、やはり何処でも見掛ける事が可能な、半のれんと呼ばれるタイプになります。

これはサイズ的にも、最も国土が狭く、建物間の距離も近くにある日本に向いているサイズなのだと思います。また、日本人の心理的にも、お店にはいる際の透明感が感じられる半暖簾は、好まれているのかもしれません。

オリジナルのれんをオーダーし、特注制作を行う際、用途に応じた形から逆算して頂き、格安作成をしてもらいたいと思っております。

また、特注暖簾の製作販売は、通販だからこその激安価格でご提供できる、当店を宜しくお願い致します。

暖簾に関するお問い合わせお待ちしております。

特注のれんお見積り依頼
特注のれんお問い合わせ

お気軽にお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。